ムトウハップで治った?水虫は水虫治療で対応

足の裏などが猛烈に痒くなる、皮膚がむける、水疱などができるのが水虫です。
白癬菌というカビの1種によって、引き起こされる皮膚感染症の1つで、日本では多くの方が水虫をわずらっています。
しかし、水虫は不潔な人がかかるというイメージがある事から、誰にも知られたくないという事で、病院に行く事さえ躊躇してしまいがちです。

病院ではなく市販のもので、水虫を治したいという方も多いのではないでしょうか。
ムトウハップは水虫が治ったと、評判の入浴剤です。
イオウが含まれており、手軽に温泉気分を味わえるムトウハップですが、このイオウに水虫が治ったという秘密が隠されています。

イオウは強い殺菌作用がある為、ムトウハップでケアすれば、白癬菌が少なくなる効果が期待できるのです。
白癬菌は角質層という部分に住み着くのですが、イオウはターンオーバーを促して、古い角質を落とす効果もあります。
白癬菌を含んだ古い角質を、どんどん排出する効果も、ムトウハップで水虫が治った理由と考えられています。

ただ、残念な事から今現在ムトウハップは、様々な事情から生産されていません。
以前、ムトウハップで水虫を治した経験のある方も、今水虫になってしまうとケアする事ができないのです。

水虫になってしまったら、病院で水虫治療を受けましょう。
ドラッグストアには水虫に効果があると謳われている市販薬もありますが、病院で処方される薬よりも効果は緩やかです。
確実に治るという保証は無いので、はやり水虫治療が1番効率的な水虫対策と言えます。

水虫治療では白癬菌を除菌する為、抗真菌薬が処方されます。
抗真菌薬には外用薬タイプと、内服薬タイプとがありますが症状が軽いうちであれば、外用薬のみで完治が可能です。

ページトップへ